誰も使っていない実家をリハウスとするとき注意するポイントは?

2種類の分配方法を知ろう

実家の所有者を決める

まず現物分配は、実家の所有権を相続人のうちの1人に移すことを言います。
この場合は単独所有になり、所有権を持っている人が自由に実家を売却したり、賃貸に出したりできるので、実家を処分する時にすばやく工程が進みます。

実家の所有権を複数人が持っていると売却したり賃貸に出したりする時に、全員から同意を得なければいけません。
しかし中には連絡が付きにくい人もいるでしょうから、同意を得るまでに時間が掛かります。
まだ先の話で今すぐに実家をリハウスしないのであれば、誰かがとりあえず受け継ぎ、単独所有するのが賢い方法だと言われています。
まだ綺麗で十分暮らしていけるような住宅であれば、売らずに賃貸にして、不動産経営を始めるのも良い方法です。

平等に遺産を分けられる

換価分配は、不動産を相続人たちが共有したまま売却し、その時に得たお金を分割する方法になります。
この方法だと遺産を相続人同士で平等に分けられ、余計なトラブルが発生しないことが大きなメリットです。
現物分配だと実家の所有権を持っている人がたくさん遺産をもらってしまい、納得できない人が現れるかもしれません。

それに比べて換価分配なら、1円単位までしっかり遺産を分けられます。
さらに遺産分割協議書の作成費用や、手間を削減できる面も嬉しいですね。
親が亡くなって、すぐに実家をリハウスしたいと思っているならこの方法を選んでください。
早めに遺産の分配方法の特徴を知ることで、実際に選択する時が訪れても、冷静に判断できます。


このPostをシェアする