誰も使っていない実家をリハウスとするとき注意するポイントは?

リハウスするまでの流れ

土地の相場変動を調べる

実家を売却した時に得たお金は、遺産になります。
せっかく遺産を受け取るなら、できるだけ多い方が嬉しいですよね。
そこで実家をリハウスする際は、時期を配慮してください。
不動産の価格が上がっている時期なら、高く売りやすいと言われています。
逆に土地の相場価格が下がっている時だと、予想以下の価格になってしまうかもしれません。

もし今は売るタイミングでないと思ったら、売るのを待ちましょう。
焦らずにタイミングを見極めることで、遺産の分け前を増やせます。
また社会情勢によっても、土地や物件の価値が変動します。
売るタイミングを見極めている人は、積極的にニュースを見て、今は世の中の景気がどうなっているのか把握しましょう。

家財道具を処分しておこう

実家に家財道具が残っている場合は、処分してください。
仕事がある人は休日なれば実家に行き、処分することがほとんどだと思います。
しかし毎週休日を遺品整理で潰されるのは負担ですし、実家が遠いとそこまで行く交通費が高くなってしまいます。
時間も掛かるので、専門業者に任せても良いでしょう。
業者は、15万円前後で遺品整理を受け付けてくれます。

自分で実家の遺品整理をすると、思い出の品がたくさん出てきて悲しい気持ちになったり、なかなか遺品整理が進まなかったりします。
業者に任せた方が、スムーズに整理が終わるでしょう。
経験が豊富で、信頼できる業者に遺品整理を任せてください。
引き取った家財道具を適当に処分している業者は信頼できないので、依頼してはいけません。


このPostをシェアする